DAISHOJIYA

                                                                               Oriental Ceramics and Works of Art

About Us

大聖寺屋の歴史
大聖寺屋は江沼郡大聖寺町発祥の豪農で、寛永十六年加賀藩の支藩として大聖寺藩が立藩される際に大聖寺町を離れ加賀藩金沢城下へ移ったと伝えられている。大聖寺屋の名が初めて文献に現れるのは加賀藩史料における明和六年(1770年)の事であり、その頃には金沢城下において商家として財を成していた。商売は豆腐屋、材木商、両替商と多岐にわたり、中でも加賀地方の北前船への投資が一大事業であった。北前船への投資が功を奏し、江戸時代中後期を通じて分限者として生活する傍ら書画茶道具の蒐集を行っている。天保の大火で家屋や資料の大部分は失われたが、書画茶道具は無事残ったようである。
明治時代に入り汽船や通信技術の発達で北前船事業が衰退すると、当時の当主 大聖寺屋玉吉の代に北前船の寄港地で別宅のある江沼郡塩屋村に移り隠居生活を送った。金沢から加賀の地へ移る際に、所蔵する茶道具の一部を金沢の薬種商 石黒家へ譲渡している。当時所蔵していたものにはノンコウ加賀七種黒茶碗 銘霞など、大聖寺屋旧蔵品として大正名器鑑に名が見られるものもある。
 

 

明治四十二年、玉吉の三男として生まれた吉次(後に吉宣と改名)は、大正十三年より岡田啓介元首相の従兄弟で福井藩医の末裔である加藤享博士の元で学ぶ。帰郷後、昭和二年には父玉吉から四十八万円の出資を受け、昭和金融恐慌で破綻した繊維業の丸一株式会社を買取り、自動化機械の導入により立て直しに成功する。また同時に、大聖寺町の美術商 中越與吉商店に出資参加し先祖伝来の散逸した書画茶道具を買い戻し始めた。
昭和四年、当時海軍大臣を務めていた岡田啓介氏の求めに応じ赤羽に(株)特殊重工業を設立し、海軍指定工場として飛行機関係の精密機器や造船に従事する。また、昭和六年には樺太・北海道における漁業権を獲得し、蟹缶詰の輸出に着手。昭和十一年には戦時下節電の必要性から日本蓄電器株式会社を設立するなど幅広く事業展開したが、終戦と共に関係会社は整理・接収された。戦後昭和二十八年、進藤武左衛門氏(電源開発株式会社副総裁)を役員に迎え大聖通商株式会社を設立。南米の石油開発を主事業とし、アルゼンチンのペロン大統領やベネズエラのヒメネス大統領らと会談しプラント建設を進める。同時に会社として古美術の行商鑑札を取得し美術商の業者市に積極的に参加。美術館建設を目的とした古美術の収集を行うと共に、南米各国との文化交流事業として政府の支援のもと現地で日本美術展を企画する。しかし、軍事クーデターにより大統領が相次いで失脚したため油田開発事業は頓挫してしまう。アルゼンチンの造船所建設とプラント建設費用の負債補填のため、所蔵していた書画骨董の一部を昭和三十年代終わりから昭和四十年代にかけて出光興産店主 出光佐三氏に売却している。昭和四十年代を通じて再建を図るも事業は軌道に乗らず、昭和五十年吉宣の三男 雄厚が財務整理のため代表取締役となり負債を精算。以後、事業の一部であった美術部門を主たる事業とし、社名を古来の株式会社 大聖寺屋へ変更し現在に至る。

History

Daishojiya was founded by the Daisho family in the Edo-period(1603~1867) as a financial company.Through the years the company invested its earnings in the creation of an extensive private Japanese art collection.The Daisho family occasionally appears in literary works like Taishomeikikan(大正名器鑑) as one of the important Japanese art collectors.
In 1957,Kichiji Daisho founded a commercial firm to expand the art collection and to include art from many other oriental countries.At that time,Kichiji also began offering art objects for sale.His clients included numerous leading world figures including Sazo Idemitsu and the former Argentina President. Juan Domingo Peron.

  
 

Daishojiya Shirokane Gallery

Daishojiya Kyobashi Gallery

Kichiji's son,Yuko Daisho,joined Daishojiya in 1975.While mainley transacting business with Museums in Japan.Yuko continued the Daisho family history of intrepreneurship which characterizes Japan's tradition of cultural enterprise.
 
Now Yuko's son,Yuko Daisho Jr., has taken on the responsibility of leadership of Daishojiya as its third generation art dealer.